集合住宅の一階専用庭でリガーデン・セランガンバツ材(ハードウッド)でウッドフェンス・ウッドデッキ設置施工

中古集合住宅をお買いなったお客様からのご依頼で

専用庭のリガーデン(改修)をしました。

 

お打合せの結果

リビング前のテラスにウッドデッキをし

隣とのフェンス沿いにウッドフェンスで目隠しをし

庭には人工芝を張るという事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、庭に敷いてある飛び石を撤去して

雑草を除草し 下地の整地をしていきます。

作業は、テラス前のウッドデッキから設置施工していきます。

 

 

 

 

デッキの土台作りから

 

 

 

 

土台を水平にし、床板をビス止めしていきます。

 

 

 

 

床板を張り終えデッキは終了です。

 

 

 

 

次に、ウッドフェンスの支柱を穴を掘り

モルタルで固定していきます。

高さはお隣とのフェンス位の高さにしました。

 

 

 

 

横板を張り、ウッドフェンスは終了です。

ウッドフェンスの前側は花壇スペースにするのと

人工芝を仕切る為

御影石のピンコロを使い、モルタルで固定させながら

並べていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人工芝を張り作業はおわりになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

実質の作業日程は7日間程

飛び石を処分するのに廃棄費用が掛かりますので

庭端の邪魔にならないところに片付けました。

まだ、お子さんが小さく

危なくない遊び場で親御さんも安心です。

お庭が手が付けられず荒れてしまった、お家の

ご相談に乗ってより良い環境作りをお手伝い致します。

お庭の事でお困りな、お客様のお役に立ちますので

ご連絡下さい。

この記事を書いた人

目次
閉じる